重曹でエコでエコノミーな暮らしを

WebライターYUKIです。

断捨離してアンチエイジング美人になりましょう♪

ランキングに参加しています。
まずはポチッとお願いします。


今日は何位かな?

重曹という選択

こんにちは。
踊るアラフィフおひとりさま
WEBライターのYUKIです。

今日は、お掃除について
書いてみます。

健康で快適な生活を維持するには、
お家のお掃除が必要。

定期的に汚れを落とし、
家を清潔に保つ必要があります。

さてそのお掃除ですが、

あなたは家の汚れを落とすために
何を使っていますか?

合成洗剤は素早く汚れが
落ちますね。

でも、その分、
ひんぱんに使っていると
肌が荒れてしまったり…

長い目で見た場合、
健康や自然環境への影響が
心配だな…

そんな風に思ってらっしゃるかも
しれません。

今日は、そういう方に提案。

お掃除に「重曹」を使ってみませんか?

重曹はナチュラル素材。

化学洗剤ではないので、
人体にとって安全です。

肌の弱い方や小さなお子さんがいる
ご家庭には特にオススメ。

重曹は弱アルカリ性物質で
油脂や皮脂といった
弱酸性の汚れと反応して
汚れを落としてくれます。

適度な硬さがあり、水に溶けにくく
研磨剤として汚れを落とす効果も
あります。

粒子が細かいので、
市販のクレンザーより
コンロやシンク、お鍋などに
傷がつきにくいという
メリットもありますよ。

 

重曹の使い方

「重曹ってお掃除にどうやって使ったらいいの?」

重曹でお掃除したことのない方は
きっと疑問に思っていますね。

ここでは基本的な3つの使い方を
ご紹介します。

1.粉のまま

重曹には消臭効果がありますので、
粉のまま消臭に使うことができます。
濡らせないものや、
水を使えない場所のお掃除にも
粉のままで使うとよいです。

2.重曹水

水に溶かして使う方法です。
目安として、1リットルの水に
重曹大さじ4杯を溶かして使います。
スプレーで使ったり、
漬け置き洗いをします。

3.ペースト

少量の水でのばして使う方法です。
硬さは使う場所や目的に応じて
調節しましょう。

さらに効果を高めるために、
お湯を使ったり、洗剤といっしょに
使うこともできます。

 

エコ&エコノミー

重曹はお掃除以外にも、
いろんな使い方ができます。

例えば、歯磨き。
歯ブラシにちょんちょんと付けて
歯磨き粉代わりに使うことが
できますよ。
少量のお水で調節してくださいね。

お風呂やお洗濯、台所まわり、
歯磨きなど、
体に触れる
機会の多いものには

できるだけ安全なものを
使いたいですよね。

重曹はナチュラル素材なので
その点安心ですし、
いろいろな用途に幅広く
利用できますので、
お財布にも優しいです。

もちろん、合成洗剤に比べると
洗浄力は弱めです。

しかし、日々こまめに使うことで
汚れはたまりにくくなります。

私も、シンクやコンロといった
台所周りのお掃除や、歯磨きには
いつも重曹を使っていますよ。

濡れたシンクには粉のまま振りかけ、
その後スポンジやブラシでこすります。
ヌメリなどは結構簡単に落ちてくれます。

コンロの吹きこぼれや焦げには
少量の水で伸ばしたペーストが
いいですね。

少し置いてから、
スポンジやブラシでこすると
きれいになります。

重曹での歯磨きもいいですよ。
口の中がすっきりします。
オススメですよ。

皆さんもいろいろ
ぜひ使ってみてくださいね。

手軽に安心していろいろなところに
使えますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました